引越し準備に手間取らない!円滑に引越し作業を進める

女性

需要と供給が料金を決める

引越し業者には、一年の中での繁盛期と閑散期があります。引越しの準備をする際は、繁盛期と閑散期を押さえておくのもポイントです。業者の中には、値下げ幅を持ち合わせている場合もあり、尋ねておくのも良いでしょう。

トラックのおもちゃ

意外とたくさんある連絡先

引越しをする時には、何ごとにも準備が大切なことになります。気が付いたことなどは、メモに取っておくなどをしておくことも忘れてはいけません。引越しの連絡を入れる所はたくさん出て来ますので、早めの処理を考えましょう。

男女

1カ月前からすること

引越しではまず見積もりから始まり荷造り、手続きといったさまざまな前準備が必要になります。引越し日の1カ月前ぐらいから準備をし始めると余裕をもって取り組めるので、早めにできるところから取り掛かるようにしましょう。

男性

近所への挨拶と手土産

引越しをすることになったら、近所へ引越しの挨拶へ伺わなくてはいけません。品物を準備して、これまでお世話になった方とこれからお世話になる方へ挨拶に伺いますが、品物や挨拶のタイミングには注意する必要があります。

女性

転居を決めたら行うこと

引越し準備の注意点は、引越し業者で合い見積もりをとりなるべくお値打ちな時期を選ぶことです。また、段ボールは新品を使うこと、小さなお子さんのいる家庭は準備中にお子さんから目をはなさず、場合によっては詰め込みサービスを利用すると良いでしょう。

新生活を始めるために

トラックのおもちゃ

段取りよく行動しよう

引越しするにあたり、準備することはたくさんあります。忘れてしまうと後で面倒になることもあるので、着実に一つずつ進めていけるように準備をします。そのために、いつどんなことをしたらいいのか大まかなスケジュールを組み、それに沿って行動することが大切です。まず最初に業者を選びます。荷物の量や移動距離で金額が変わるため、一度見積もりを取り寄せます。無料で見積もりを行う業者も多いので数社に見積もりをしてもらい、金額とサービス内容を比べながら1社に絞ります。その際の注意点ですが、引越しには繁忙期があります。環境が変化しやすい3月から4月にかけては予約が取りにくく、料金も通常より高くなります。この時期に引越しを考えているのなら、なるべく早めに業者に依頼するように心がけます。業者が決まれば、いよいよ荷造りが始まります。一人暮らしでも荷物がたくさんある人や家族の人数が多い家庭などは、普段使っていない物やオフシーズンの洋服などから順番にまとめていきます。引越しに必要なダンボールを無料で提供している業者もあるのでそれを利用しながら準備し、最低限必要なものだけを当日さっと持っていけるようにしておくとスムーズです。万が一荷造りが終わりそうもなければ、業者のサービスを利用するのも一つの方法です。引越し業者の中には荷造りサービスをオプションにしているところもあるので、早めに手配をすれば引越し当日に慌てることもありません。そして荷物をまとめながら同時にやっていくことは、電気や水道といったライフライン等への連絡です。インターネットや電話などでお知らせをして、連絡漏れのないようにしておきます。また役所への転出届等も忘れずに提出します。このように始めに計画を立てて段取りよく準備すると、円滑に引越し作業を進められます。