引越し準備に手間取らない!円滑に引越し作業を進める

意外とたくさんある連絡先

トラックのおもちゃ

公的機関も忘れずに

引越し先への日程が決まった時、準備することがあります。現在住んでいる家が賃貸契約の場合には退去の連絡を入れることになります。管理会社もしくは大家さんと言った人に、契約解除の申し入れが必要になります。解約の手続きが遅れたと言うことで、余計な家賃を払う羽目になるかも知れません。この時には引越し会社とも契約をしておくと良いと思われます。退去する日が決まっても、引越しが出来ないのでは、困ったことになるからです。ここで難しいのが引越しの日程決めで早め準備が良いと思われます。と言うのも引越し会社には忙しいシーズンがハッキリしており、3月4月の引越しでは相当早めの予約が必要になるのです。また覚悟しておくのが、この時期の費用はかなり高くなると言うことです。そのため日程に余裕のある時はこの時期を避けて、秋口などに引越しをすると費用も安くなる場合があります。その後は、いろいろな解約手続きなどを行う必要があります。インターネット回線、電話回線、新聞やクリーニング店、中には牛乳配達のお店なども解約の手続きが必要です。市役所での住所変更、郵便局や銀行などへ住所変更届けも必要です。お子さんがいる時には、学校から在学証明書などももらうことになります。意外と忘れて慌てることになるのが、粗大ごみを捨てる準備です。引越しとなれば、不要な家具や家電製品が出て来ます。これらの処分は当日と言う訳にいかない場合が多く、予め市町村役場に処理のお願いをする必要が出て来るはずです。家電などはリサイクル法などがあり、勝手に処分出来ないと知っておきましょう。準備をしておくことで、スムーズな引越しが出来ることになります。